「祭の男」宮田宣也のブログ/明日がもっとスキになる

今,守るべき,つなぐべきこころって何だろう。祭の男,宮田宣也の祭ライフと,祭哲学について。

海外から見た日本文化〜リトアニア神輿渡御2020から学んだこと〜

令和2年8月29日,リトアニア首都ビリニュスにてお神輿の渡御が行われました。 昨年,"nowJapan"というイベントで渡御されてから2回目になりますが,今年2020年はリトアニアと日本をつなぐ「命のビザ」で有名な杉原千畝の生誕120周年とビザ発給80年の記念と年…

神社清掃のススメ〜もう一度御神輿を上げるために〜

コロナ禍により,春から現在にかけてほとんどのお祭りにおいて神輿渡御が中止になっています。 しばらく再開は難しく,さびしい一年となっています。全国では今できる祭の形としてオンラインでの試みがされていたり,規模縮小しての開催となったり変化が見ら…

湘南神輿甚句 歌詞まとめ(練習用歌詞映像付き)part2

神奈川県の湘南地域のお神輿で歌われる"湘南甚句"の歌詞を練習用の映像と音声付きで紹介します!今回は前回の記事に加え,さらに10曲を追加しています。

湘南神輿甚句 歌詞まとめ(練習用歌詞映像付き)part1

神奈川県湘南地域,また周辺で担がれる「相州神輿」"どっこい"での湘南甚句の歌詞,歌詞つき映像をまとめます。

人生を変えるたった三つの方法〜美しい言葉,表情,振る舞い〜

何気ない日常を変化させ,輝くような未来へしていくため,僕が日常心がけている3つの方法があります。 それは,「美しい言葉を使うこと」「美しい表情でいること」「美しい振る舞いをすること」です。 極めてシンプルですが,パワフルで普遍的です。

「秋の祭り」大嘗祭,新嘗祭,神嘗祭,相嘗祭。

令和元年を迎え,皇居にて大嘗祭が行われた事が話題になりました。現在勤労感謝の日,とされている11月23日には毎年新嘗(にいなめ)祭が行われます。それとは別に,神嘗(かんなめ)祭,相嘗(あいなめさい)祭という祭もあるのです。

「まつり」という言葉。どうやって生まれた?

我々が触れ,大いに楽しみ,心待ちにしているまつり。しかし長い歴史の中で,日本人はまつりという言葉をどのように扱い,どのような意味で使われてきたのか。

【史上初のブルガリア神輿渡御】アレックスとの約束を彼のお父さんへ/2019トリプルアニバーサリー

2019年10月19日,今年の日ブルガリア3つの周年を祝う式典が催されます。奉祝の行事として,神輿渡御が行われます。 ブルガリアで神輿を上げることは盟友アレックスとの約束でした。

地元の神輿渡御が中止。今年祖父の神輿は上がりませんでした。【令和元年春日神社例大祭】

一年に一度,仲間たちが集まり,神輿を担ぎ町を回る事。それは,集まってくれる仲間達,そして神輿を守って来てくれたご先祖様との無言の約束です。今年は、その約束を守れなかった。本当に大切な一日は、悲しく苦しい日となってしまいました。

ベルリン文化祭での神輿から日ポーランド国交樹立100周年でのお神輿(2019年6月)

2019年6月9日,ドイツベルリンで4回目となる神輿渡御が行われました。 また,今年2019年はポーランドと日本の国交樹立100周年の年でもあり,在ポーランド日本大使館,商工会,ポーランド日本人会で共同主催される「ポーランド日本祭」でも神輿渡御が行われま…

神輿を担ぐ友の右肩②<完結>俺にはまだ右肩がある〜府中大国魂神社くらやみ祭〜

身体が歪みそうだ。 あまりの重量を身体にかけると,肩だけでなくあちこちに負担が来る。 肩,腰,足,様々なところが連動し,立ち向かっている。 溜まってくる疲労は,アクセルをふかすように大きく叫ぶとまた鼓舞される。 重い神輿だ。

神輿を担ぐ友の右肩①再会〜府中大国魂神社くらやみ祭〜

午前2時半。 祭のあと,出店を片付ける人。 まだ残る食べ物の匂い。 その夜は,いつも独特の雰囲気がある。 僕がこの神輿を初めて担ぐことになったのは2年前。 友人から連絡をもらった。 「神輿担ぎに来てくれないか」

神輿や祭に何の意味があるのかと問われれば,最高だからと答えたい。

全国には様々な祭があります。 神社,お寺,その他を含めれば数十万あるとされる祭。 しかしこんなにもたくさんの祭は何故今も残され,継続しているのか。 僕は祭によってたくさんの人たちのご縁と想いが重なり蓄積されて大きな力になり,さらには日々の暮ら…

五年前の奇跡③<完結>土砂降りの境内〜岡山県備前国総社宮例大祭〜

彼の表情は、どうだろう。 夕方からは、雨。 土砂降りの雨の中,人生で初めて神輿を担いだ彼の表情を僕は探していた。 今年,神輿は上がらないかも知れなかった。 「雨が降れば全ての行事を中止せざるを得ません」 祭数日前の宮司の言葉だった。

五年前の奇跡②初めて神輿を担ぐ日〜岡山県備前国総社宮例大祭〜

天気予報は、雨。 朝、社務所で目覚めた僕は,外に出るとひやりとした空気を感じた。 今日は備前国総社宮春の例大祭。 晴れの国岡山と呼ばれているだけあって,竣工祭始まって以来の大雨予報だった。 数日前,岡山に来る前僕は石巻にいた。