「祭の男」宮田宣也のブログ/明日がもっとスキになる

今,守るべき,つなぐべきこころって何だろう。祭の男,宮田宣也の祭ライフと,祭哲学について。

国内

「宮田くん,今年の祭はみんなで行くから」石巻の浜からの電話

石巻,大須八幡神社の氏子から電話がありました。「宮田くん,今年の祭はみんなでいくから」本当に嬉しい言葉です。

「奇祭」だからじゃなく,より深く感じるところがある。石巻,雄勝のおめつき

「奇祭」と言われるおめつき。しかし参加して感じたのは,祭の特殊性よりもそれを大切にしている浜の人たちの思いでした。

小正月の火祭り行事,どんど焼き!「どんど焼き」って一体なに?

毎年小正月(1/15)の周辺で行われている火祭行事,どんど焼き。実は全国では様々な呼び名があります。この行事,一体どんなy由来がある風習なのでしょうか?

【元旦初詣は小菅ヶ谷春日神社へ!】今年も甘酒御神酒の振る舞い,縁起凧を頒布します。

元旦には,僕の氏神様である春日神社にて縁起凧を頒布します。毎年手作りで作る1000枚の凧。新年たくさんの方のお家へ飛んでいき,見守ってくださいますように!

【石井真人さん三島市長戦応援!】届けるためには叫ばなければいけない。必死に叫ぶ石井さんから感じたこと

岡山へ向かう途中、12/16の三島市長選挙を戦う石井真人候補の応援に行ってきました。学生の頃南三陸町で復興支援活動をしていた頃大変お世話になった人です。ふるさとの為に必死に叫ぶ大人の姿に感動しました。

【岡山であんこう鍋】備前国総社宮の恒例忘年会,今年も決行します!

毎年恒例,岡山県は備前国総社宮でのアンコウ鍋忘年会!今年もつくばから850km、かまどと鍋を持ってアンコウ鍋作りに行っていきます。

【もうすぐ天長節奉祝祭】神輿行列の前を進む大獅子って一体なんだ?つくばから史上初,都内へ!

2018年12月23日に日比谷公園で行われる天長節奉祝祭に,つくばから大獅子がやってきます。県外に初めて出るという大獅子とは,一体なんでしょう?

平成最後の天皇誕生日,天長節奉祝祭!神輿,獅子,提灯行列についてくわしく!(2018年12月23日開催)

(イベント終了後 加筆) 2018年12月23日,日比谷公園外周にて天長節奉祝祭が執り行われました! 大獅子とお神輿9基による行列と,約3000名の提灯行列。 平成最後となる今年,どんな行事が行われたのか,詳しく見ていきましょう! www.housyuku30.com 詳細 …

全国の祭り男たちに聞いた「あなたの一番好きな祭りは何ですか?」

全国津々浦々,様々な場所で祭りがあります。 僕はご縁あって,各所の祭りに参加させて頂いていますが,その場所の祭り大好きな人たちにいつもする質問があります。 「あなたの一番好きな祭りは何ですか? 答えは誰に聞いても同じ 驚くべき事に,答えは誰に…

地元のお祭りが終わって,今思うこと。〜祖父が亡くなってから7年,今年のお神輿は〜

2018年9月23日。 今年の地元のお祭は,秋分の日でした。 僕のいちばん大切な日。 亡くなった祖父と,一年に一度の約束を果たす日。 それが,僕の地元,産土神社である横浜の小菅ヶ谷春日神社のお祭りです。 年間に何十箇所もお祭にお邪魔しますが,地元の祭…

僕が学生時代初めてみこしを作った時のお話〜武蔵美の卒業制作のみこしを担いで思い出したこと〜

“すごい1日だった。 ただただ、心が震えた。 すべてをかけて臨んだ神輿。 それが最高の仲間たちの手で上がったんだもの。 誰もがみんな一生懸命で。 誰もがみんな真剣で。 汗、血、涙、いのち。 そんな「人間」がここにはあった。 俺の純粋な思いが形になり、…

「マツコの知らない世界」出演を終えて〜僕が伝えたかったこと〜

先日10/31に,TBS「マツコの知らない世界」に出演させていただきました。 当日は渋谷にてたくさんの仲間と一緒に見ることができました。 番組を終え,さらに突き進んで行こうと兜の緒を締め直しました。 僕がこんな機会を頂き,どう感じ,何を伝えたかった …

【告知】マツコの知らない世界見ながら祭NIGHT

10/31(火曜日)マツコの知らない世界パブリックビューイング/祭NIGHT 番組に宮田宣也が登場し,神輿の世界をマツコに紹介します。 祭りについて語りながら,番組を一緒に見ませんか? 以下詳細 【会場】 会場:東京都渋谷区渋谷1-11-1-B1 THE GUINGUETTE by…

全国の祭り仲間で飲み明かしたい〜祭りの未来は「みんなで」考えよう〜

日本には,全国どこへ行っても祭りがあります。 幸運にも,様々な地域にご縁を頂き,たくさんの熱い祭りの魂を感じています。 そして,共に各地の神輿を担ぎ,祭りを成功させた事は最高の時です。 そんな祭りを軸にした魂の交流をいつか,してみたいものです…

都会ではお神輿は「地元の人しか担げない」んじゃなくて「地元の人は担げない」事を知っていましたか?

秋祭りのシーズン真っ盛りですね。 僕の地元横浜のお祭りも終わり,シーズンも終盤に差しかかっています。 さて,お祭りの華であるお神輿。 「地元の人しか担げない」と言うイメージがありますよね。 しかし実は,「地元の人は担げない」と言う事がよくあり…

呪いの渦から1300年,奈良五條,御霊神社に眠る悲劇の怨念〜隠された神輿の封印を解く〜

先月,奈良の五條市でお祭りがあった。 五条にある御霊神社には,聖武天皇の娘に当たる井上内親王が祀られている。 近くには宮内庁に管理されている墓も。 2017年,井上内親王生誕1300年。 僕らは1000年以上続く日本の歴史のラインをさらに更新しようとして…

神様はいなくてもいい。みんなの夢を集めよう。それがきっと,「神様」になるから。〜僕が夢みこしを作ったわけ〜

神様が神様であるのは,人の想いがずっと集まって来たから。 おみこしは,「ひとりじゃあがらない」から,人の想いを集めることができます。 もっともっと,たくさんの気持ちを集めることが出来たら。 新しい「お祭り」をつくることが出来るんじゃないか。 …

おみこしは神様の充電装置?おみこしについて考える

「おみこしって何ですか?」 しょっちゅう聞かれる一言だ。 友達にも,外国人にもよく聞かれる。 それでは,おみこしとは何なのか。 明確な答えを,用意していますか? 神様の乗り物 模範的な答えでいうと,おみこしとは,神様の乗り物だ。 神様が乗っている…

宗像大社のお話つづき〜神社を再建したいなら,はじめは一本の杭でいい〜

タイでお祭りを行う前に,僕は宗像大社へ行った。 木がそこに一本生えていたから。 ずっとそこに住む人に大事にされていたから。 数千年の歳月が経ち,そこに神社が出来た。 宗像大社で聞いたもうひとつの大切なお話を,思い出してみる。 東日本大震災,全壊…

地方の祭りと都市の祭り。継続の危機を迎える祭りの,大きな違い。

先日,和歌山すさみ町の祭りに参加させて頂いた。 どちらも地域の小さなお祭りだ。 その継続と発展について,真剣に取り組む人たちがいる。 人数はそんなに多くないが,とても楽しそうにお祭りに取り組んでいる。 「都会のお祭りは,ものすごい盛り上がって…

神社祭りもハロウィンも,「コスプレして大騒ぎする日」なのか!?

ハロウィンが近づいている。 こんなに日本人がハロウィンに熱心になったのはいつからか。 「ハロウィンは,最高の祭りだぜ!」 と若者は声高く叫ぶが,ふと疑問が浮かぶ。 何も知らない外国人や子供に, 「ハロウィンも神社のお祭りも,みんなコスプレして大…

「神社のお祭りに参加されている人は,皆さん神道を信仰しているのですか?」

「神社のお祭りに参加されている人は,皆さん神道を信仰しているのですか?」 と,聞かれることが,よくある。 さて,全国の祭り参加者の皆さんは,どう答えるだろうか? 神道=宗教は,一般的な理解 上記の質問をされ,僕は非常に驚いたとともに,一般的な…

消えてしまうお祭り

この写真について,詳しく。 ここは,茨城県日立,会瀬港にある社。 社,というか神輿庫だ。 会瀬の細い街道を歩いていると,コンクリート造りの鳥居があることに気づく。 鳥居自体は傾いたりしていることはなく,何となく,遠くからでも建物が建っているこ…